Unityで今までしてきたこととこれからしたいこと

私はUnityというソフトウェアをよくいじっています。

Unityは3Dゲーム制作するためのものですが、スマートフォンからパソコン、そしてPS4などのコンシューマ機と多くのメディアで動くことが売りです。

そして今ではVRや映画作りに使われているなど非常に多彩な使い方ができるため、覚えておくと世界中で働くことができるのではないか期待しています。

私は最初これでパソコンゲームを作ろうとしたのですが使い方がちんぷんかんぷんでネット上のチュートリアルを少ししただけでは分からず困ったのですが、Unityの使い方の本を1冊読んだらかなり色んなことができることが分かりためになりました。

それからスマホゲームを作ったのですが、あまり収益が出なかったものの徐々にダウンロード数が増えて行き、そして感想が書き込まれて行くのが楽しかったです。

いくつも投稿したのですが一番評判が良かったものは最初に投稿したものだったのが悲しかったです。

今思えばそれを何度もアップデートして磨いて行った方が良かったかもしれません。

そして次はパソコンゲームを作ろうとしたのですがやはり単発のスマホゲームよりもボリュームをアップしないといけないので根気が続かないのでどうしたものかと思っています。

自分に根気がないのはいつものことなのでそのことについては諦め、今は細かいゲームをいくつも作りながら構想を練っているのでした。

Unityにはアセットストアというユーザーがゲームの素材を売買できるシステムがあり、そこを色々見ていると無料なのに面白そうなものがたくさんあります。

3Dの人型キャラクターや武器、そしてそれを振るうアニメーションに多くのモンスターたちがあり、それらを使うだけでかなり立派なRPGが作れそうです。

あとオリジナルキャラクターを作ることにも興味があり、Blenderなどの3Dモデリングのフリーソフトを勉強してみたいとも思っており、これからどうしようか迷っているのでした。

自然災害は自身の身にも起こるものと危機感を感じます。

異常気象による自然災害がとても多くなったのではないかと実感させていただきます。

大雨、台風、地震など、日本全国の各地で発生しております。これだけ多く発生すれば、もはや自身の身にも何かが起こるかもしれないといった危機感を感じる方も少なくないと思わせていただきます。

自然災害が原因でのその後の人的被害も多数出ているのではないかと考えさせていただきます。こうした二次災害などの人的被害はやはり日頃の災害への危機感を誰もが持たれることをもっと意識しなければならないと思わせていただきます。

つい先日、大雨による西日本豪雨災害があったかと思っていましたら、その後、関西空港など甚大な台風災害もあり、最近では北海道で最大震度7を記録する地震がございました。

この夏だけでこれだけ災害が発生していると、全国各地で復旧作業が多くなるばかりで、それにかかる費用もかなりのものになると思わせていただきます。

一戸建ての自宅や高価なものをお持ちの方なら、自然災害により損傷した場合の保険などの申し込みもご検討されたほうがよいと思わせていただきます。

自治体なども、これから身近に災害が発生するかもしれないことを念頭に避難訓練などの強化などをご検討していただきたいと感じさせていただきます。災害時の避難先は指定されていましても、その避難先が妥当かどうか、再度ご検討もいただきたいと思います。大雨による洪水での避難先の場合は、自宅よりもかない高い場所への避難が必要になってくるかと思われますが、避難先が自宅と同じ高さの場合は再検討していただく必要性がございます。

災害が発生してからご検討されるのでは遅いのではないかと思わせていただきます。

今後これからも、異常気象の多発で自然災害が多くなるのではないかと予想させていただきます。

今年は猛暑から酷暑といった言葉が使われるようになりましが、今後も異常気象に関する言葉で新しく生まれてくる言葉が出てくるのではないでしょうか。

朝から雨が降った日、仕事と筋トレとトイレ掃除をした

昨日の朝に目が覚めた時、外を見たら雨が降っているのかどうかよく分からなかったので目をこらしたら少し雨が降っていたので農作業に出るのを止めました。

最近もう毎日のように雨が降っていて農作物が心配なのですが雨を止めることはできないのでしょうがありません。

それから起きて洗面所で髭剃りをしたのですが、先日髭剃り機のふたがすぐ開くので困っていたものの、部品のはまり具合がおかしいのかと何度もいじった結果留め具の回す部分を締めることで解決し、今では安心して髭を剃ることができます。

居間に行くと両親が仲良くテレビ見ていたのであいさつし、それから水を汲んで自室に戻り仕事を始めました。

仕事の合間にDuolingoというアプリで英語学習をしたのですがこれがとても快調で成長を実感できています。

その次に筋トレの腕立て伏せ、背筋、スクワットを3セットし、次にプランクという筋トレをします。

これは腕か肘とつま先で自分のまっすぐにした体を支える運動で私は1分間やることにしており、両肘をついたもの、左右片肘ずつのもの、そして両腕を伸ばして体を支えるものをやっているのですが、最初は数秒しかできなかった片肘ずつのプランクを今では1分やることができるようになっていて成長を実感しているのでした。

それからトイレ掃除をするのですが、猫が猫用のトイレのペレットを散らかすのでそれをほうきとちりとりでとって捨てます。

近くの猫の水皿の水も取り換えてやるのですが、取り換えた途端すぐ飲みに来るのが可愛いです。

次に入浴して一息ついたら今度はコーヒーを飲みながらTwitterやメールのチェックをします。

Twitterでは仮想通貨の先行きの暗さは相変わらずのようで仮想通貨ホルダーとしては何とか改善してもらいたいものだと思っていますが、やはりそれには年単位かかるでしょう。

再来年の東京オリンピックの頃までには10倍くらいになっていたらいいなと思うのですがはてさてどうなるでしょうか、楽しみにしています。

暑過ぎる夏に美味しい、冷たく冷やしたルイボスティー。

今年の夏は暑すぎました…。

そのため、かつてなかったほど冷たく冷やしたお茶を飲みまくりました。

これまでにもアイスミルクティーをたくさん飲んだ年や、ハーブティーを飲んでいたり、緑茶ばかり飲んでいた時もありましたが、今年は砂糖が入っていないノンカフェインのルイボスティーでした。

夏バテ予防に粉末青汁を抹茶ミルクみたいにして飲んでもいましたが、甘く味付けするためカロリーがあることや、あまりにも暑いため、もっと水っぽい物が飲みたくなってしまったからです。

ルイボスは、元来高地とはいえ赤道直下のアフリカに自生する植物のためなのか、今年のような厳しい暑い日に、キリッと冷やして飲むと物凄く美味しく感じられました。

楽天ランキングの上位数種類は、皆ルイボスティーです。

ルイボスには、大麦若葉を使用している青汁同様、SOD酵素という老化に関係する活性酵素を除去する成分が含まれていることで注目され、ミネラルも豊富、生活習慣病予防、アンチエイジングに効能があるということです。

どんなに効能があっても、不味かったらランキング上位には表示されないはずですので、多くの人に受け入れられる味のようです。

日本で販売され始めの頃はかなり不味く感じたものですが、現在は少々クセは感じられるものの、かなり飲みやすくなっています。

不思議な物で、ルイボスティーのクセは、暑い日にはほとんど感じません。

むしろゴクゴクとのど越し良く飲める、スッキリとした味で、暖かい状態より冷たい方が美味しく感じられます。

ところが同じ冷たく冷やした状態でも、気温が低い時に飲むと独特な臭いやクセがやや鼻につき始めます。

今年は、豪雨やら酷暑に台風など天候不順であったため、持病である関節リウマチも悪化してしまい、それに伴う足のむくみが酷かったのですが、ルイボスティーを飲み始めたところやんわりと解消しています。

強力な利尿効果はないものの、コーヒーでは効き目がないむくみに対し、利尿以外にも体に良い成分が含まれていることは少し実感しました。

いい大人がキッズ携帯で生活を送ると健全な生活が送れるのか

私の友人で、四十路になる人がいます。その友人は、傍から見るとちゃんとした大人で、話しても普通に人と話せる何も問題がない人です。

この友人にスマートフォンを持っている人から見るとちょっと滑稽なことがありました。それは、彼が先月、小学生が持つようなキッズ携帯を一か月の間使っていたということです。もう少し丁寧にいうと、いい大人にもなって、親にキッズ携帯を持たされたということです。

彼はそれまで、ごく普通にスマートフォンを使っていました。それがなぜキッズ携帯になってしまったのかといいますと、自己破産してしまい、そのために自分で使用料を払えなくなってしまったからです。

結局、親が支払いをすることになったのですが、一番低額な料金で最低の電話機能だけがついた携帯を渡されたのがこのキッズ携帯だったのです。

では、メールのやりとりやFBでのやりとりは何でやっていたかというと全部パソコンでしていました。

SNSに縛られることはなく、自分の好きな時にパソコン画面をのぞくだけでいいのです。

スマートフォンを持っていることを知られると、メールで連絡がとれないとクレームがくることがあります。とくにSNSでは、なんで未読なんだとか、既読がついているのになぜ反応してくれないのかという類です。

私もこのことについてはうっとうしく感じるほうで、スマートフォンは便利そうで、それだけではないメリットとデメリットが共存する、ちょっと憂うつな存在でもあります。

でも、そういったものを持つ必要がなければ、キッズ携帯で十分事足りるわけです。

それにしても、やはりビジネスをする上では、いつまでもキッズ携帯でいられるわけでもなく、仕事をしているうえでは、SNSで連絡をとりあったりする必要上、すぐにスマートフォンを使うことになりました。

友人がスマートフォンを使わない生活をしていて、SNSに縛られない生活を半分うらやましかったところはありましたが、またこの文明の利器を持つようになった友人が、これからどのようにまた翻ろうされるであろか、その姿を見守っていきたいと思います。

クーラー無しで熱帯夜の中、気持ちよく睡眠を得る方法

私の家にはクーラーのある部屋とない部屋があります。和室にはクーラーがなく、洋室のみクーラーが付いています。

普段は洋室で過ごし、夜寝る時には和室で寝ています。

一時期は、クーラーのある洋室で寝ていましたが、相性が悪いのか次の日を迎えると朝起きると体がだるくてしかたなくなっているのです。

熱帯夜のあの寝苦しさをとるか、それとも翌日の体がだるさをとるかのせめぎ合いです。結果としては、私はクーラーをあきらめて、クーラーのない和室で寝ることに決めたのです。でも、やはり寝入りの暑苦しさは本当にきついです。

一時期は、1.5リットルのペットボトルに水をいれて凍らせ、これを脇や股にタオルでくるんではさんで、少しでも体の温度が下げるようにしていました。これはこれで効果はありました。結構氷の効力が働いて、寝入りも楽でした。でも、時間が経つうちに氷がとけて、ペットボトルに水滴がたくさんついてタオルでくるんでいても、布団が水でぬれる問題がでてきたのです。ある意味仕方ないのですが、これが悩みの種になりました。

しかし、新しい方法を見つからなければこれしか方法がありません。何年かこの方法で熱帯夜をすごし、朝になると水滴でぬれた布団や畳を乾かす作業をしていました。

そんな夏の生活を何年も過ごしてきましたが、最近、敷き布団に体感温度を下げるものがでてきました。結論からいいますと、あまり効果は実感できませんでした。使い始めはなんとなく涼しいのかなと思いながらも、寝付く前にはすでに暑くなっていました。その程度であれば普通にタオル生地のシーツでよいと思いました。

そして、あるときあれっというもので、熱帯夜を快適に過ごせる救世主にたどりつきました。それは竹ゴザです。

この商品の説明書を読むと体感温度が0.7度下がるというものでした。最初は、疑っていましたが考えてもしかたありません。そしてそれは、熱い夜になってからのお楽しみとなりました。寝る前に、敷布団の上にバサッとゴザを広げて早速横になってみました。

本当にひんやりします。これには驚きでした。竹ゴザと扇風機との合わせ技で、とうとう熱帯夜を気持ち良く乗り切ることができる方法を見つけることができました。もちろん、汗は出ますがサラッとしたゴザなのであまり気にはなりません。

クーラーよりも扇風機の風のほうが気持ちよく、気が付いたら朝になっています。

これでクーラーがなくても大丈夫です。私にとっての竹ゴザは、とても快適な夏の夜のグッズとなりました。

普通サイズがメガ盛りサイズになって出てくる中華料理屋の話

ある駅裏にある老舗の中華料理屋の話です。

厨房の大将は70歳くらいで、そのサポートを奥さんが、接客は娘さんがしています。

この中華料理屋はパチンコ店の横にあるという立地条件もあってか、カンターに6席、テーブル席が12席、畳の部屋が2部屋あって一部屋6人くらいの席はいつも満席です。

大将は黙々とオーダーをこなしていきます。奥さんは慣れた手つきで野菜をきったり、ラーメンを作ったりしています。接客の娘さんは案外不愛想でそれでも誰もあまりきにせず注文をしていきます。

このお店の外には、サンプルが置いてあります。普通は、サンプルと実際注文して出てくるものがあまり変わらないと思います。

ところが、このお店に限っては、普通サイズのものが、他店の大盛りサイズで出てくるのです。

ラーメンも麺の量が半端ではありません。他のお店の量と比べても1.5人分はゆうにあります。レバニラを頼むと、ニラがこぼれながら、料理皿のしたにもう一皿つけて運んできます。

私は、五目揚げ焼きそばが大好きで、やはり同じように2人前に近い量の麺と、麺のうえの大量の具材で麺がみえません。やはり、黙々と食べるしかありません。そして後悔するのです。ちょっと、すごいのを頼んでしまった。もう3か月はここには来ないなといいながら、1週間もたたないうちにあのおいしさが忘れられないと食べに行っていました。

ある時、このお店が初めての人らしい方が入ってこられて、チャーハンの大盛りを頼んでいる人をみかけました。「うちのはすごい量だよ」と奥さんが声をかけましたが、その男性は大丈夫だと言って頼みました。

そして、ついにそれは運ばれてきました。その周りに座っている人たちは、普段チャーハンの大盛りを頼む人がいないので、興味津々にその男性のところに運ばれてくるチャーハンを見守りました。そして、ついにその姿をあらわしました。

まずは他店の2倍以上はあろう器にチャーハンがどっしり、その上にさらにどんぶりをひっくり返したような形のチャーハンがところ狭しと乗っているのではありませんか。

私もですが、たぶんそこにいたお客さん皆が、その男性に向かってやってしまったねと、ため息をついたに違いありません。

最近夢中になっていることはサウナじゃなくて岩盤浴!

最近岩盤浴に通っている私。岩盤浴ブームが去った今頃私は岩盤浴に夢中です。ブームが去った今、岩盤浴の予約が取りやすくてラッキーです。岩盤浴に夢中になる前はサウナに夢中でした。汗を出すことが好きなんですね~。汗を出すとスッキリするじゃないですか!体から悪い物が出ていくのってすごく気持ちが良いです。

サウナには10年以上通っていました。サウナの中で常連さん達と話しをするのも楽しかったし、常連さん同士で話をしているのを聞いているのも楽しかった。色々勉強になって耳年増になってしまいました。物知りになれるところがサウナの良いところでもあります。テレビがついていないサウナだったから利用する人たちがおしゃべりしやすい環境でした。

そういう環境でいい汗を出すことが快感で。体調を知るバロメーターとしてもサウナは使えましたよ~。体調が悪い日や体が弱っている日はたった1回のサウナでもぐったり・・・。汗の出も悪いし、ただただ肌が乾燥するだけ。体調が良い日は出たり入ったり何度もサウナに入れるうえ水風呂も気持ちが良い。サウナにはもう通っていないけど10年も通ったから思い出がいっぱいです。

今はサウナの代わりに岩盤浴。岩盤浴はサウナのようにおしゃべりができません。静かにしていないとクレームがくるような場所。私は岩盤浴に入るとすぐうつぶせになり自分の世界に入るので誰かとおしゃべりしたいとは思いませんね。利用している人たちもみんな黙って汗を出しています。

初めはその環境に慣れなかったけど今はすっかり慣れました。静かな環境でジワジワと汗を出すことが好きになりましたよ。それはなぜか・・・だって眠れるんだもの。うつぶせになっても仰向けになってもとにかくいつの間にか夢の中。岩盤浴に慣れれば慣れるほど夢の中にいる時間が長くなります。たった25分間の岩盤浴ですが利用すると元気になります。肌の調子も良くなってスッピンで出かけられるようにもなりましたよ~。

過ごしやすい気候、やっと待ちに待った秋がやってきました

今年の夏は40度を超える地域もあり、過ごしにくい季節でしたね。猛暑で各地では

熱中症などで病院に搬送される方も多く見受けられました。

そんな真夏が一気に過ぎて過ごしやすい秋の気候が、やってきました。

秋といえば食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋と

秋は何かと美味しい食べ物もあるし、出かけるにもちょうどよい季節。

我が家には、やんちゃ盛りの子供がいるので秋はお出かけするのが

とても楽しみです。

夏は、どこにも出かけたくなくて子供とずっと引きこもっていました。

公園に行っても暑すぎて遊具は鉄板みたいになっており

とても楽しく遊べる状況では、ありませんでした。

秋になれば日中でも涼しいので子供とお出かけする場所をいろいろと考えています。

例えば動物園や植物園、水族館も行きたいねぇとネットを見ながら

妄想を膨らませています。

さらに私たち夫婦は、食べることが好きなので食べ歩きするのも

計画中です。

秋といえば秋刀魚、くり、梨など美味しい食べ物がたくさんあります。

フルーツ狩りにも行きたいし、県外に出て美味しいお魚なども釣ってみたい。

あとは、体を動かすのも好きなので子供と自転車に乗る練習をしたり

サッカーや野球などの球技、追いかけっこなども家族でしてみたいなぁとも思います。

楽しみが膨らむ中、秋は朝と晩がだいぶ冷えてきたので家族みんな

風邪をひかないように体調管理もしっかりしないといけないです。

子供は保育園に通っており、すぐに風邪菌をもらって帰ることが多いです。

しかも現在、わたしは妊娠中ということもあり風邪を引いてしまうとお腹の子供にも

影響が出そうで怖いです。

旦那さんも風邪引いてしまうと働き手がいなくなるので考えただけでも恐ろしいです。

秋冬用のお布団を出したり、寝るときは窓を閉めて寝ること、ご飯食べるときは

温かいスープを出す、野菜多めの料理を出すなど

家族みんなの体調を気遣った生活もしなければいけないと改めて考えさせられました。

ライブハウスに行ってよかったこと、悪かった事をを教えます

私が初めてライブハウスという所には足を運んだのは高校3年生の時でした。バンドを好きになってそのバンドのライブを見にいくことが目的でした。初めて、ライブハウスに行った時は初めてライブを見れるというドキドキと一人で行ったので大丈夫かなと言う不安でいっぱいでした。しかし、ライブハウスに行ってみたらその不安がなくなりました。それは、同じのものが好きな人たちが集まってるからです。それに周りの方はみんな優しいです。靴紐がほどけたら周りの人たちが気づき、周りの人たちでガードしてくれ、倒れたりコケたりすると起こしてくれます。みんなで、ライブを楽しめます。それに、色んなバンドがライブをしているライブハウスに行くと自分の知らなかったバンドや音楽に出会うこともできます。何度も通えば、友達や知り合いもできそこで交流関係も築くことも出ます。私は、ライブハウスに通って6年が立ちます。もともと、人見知りで友達が少なかった私ですが、ライブハウスに通ってからは人見知りも少なくなってきて、それに色んな方とも出会い友達も知り合い多くなりました。なので、ライブハウスに行くと声掛けられることが多くなり、さらにライブハウスに行くことが楽しくなりました。ライブハウスは音楽やライブを見にいく所だけではなく、交流も出来てしまう素敵な場所です。

だが、しかしなかなかライブハウスに行くことに抵抗がある方もたくさんいらっしゃるかと思います。皆さん、同じです。怖いなど思ってる方もいっぱいいるかと思います。でも、一度でいいから足を運んで見てください。きっと、また新たな世界に出会えるかと思います。小さいライブハウスなどでは、気軽にライブハウスに足を運んでもらえるようにライブだけではなく、バーやフリーマーケット、漫才グランプリなど色々なイベントをしています。なので、気になっているのであれば気軽にライブハウスに足を運んで見てたらいかがでしょうか。

ただし、ひとつだけ気をつけてください。大きな音を聞き過ぎると難聴になる場合があるので耳栓を持っていくのがいいと思います。